0120-83-8336
NEWS

猛暑日が続いた日本列島

秋の季節温度は急な寒さを感じる事になります

猛暑で高温を日常的に体感している事から

普通の秋の温度は通常よりも低く感じます。

温度差に十分注意して風邪をひかないように

こまめな服装の調節をして体温を保持して

健康な身体で最乗の秋を過ごしましょう。

[ 2018年9月16日 ]

2010日は台風で荒れるとは昔からの諺

今年は8月に多くの台風が本土に上陸しました

温暖前線が上がってきた事が原因の一つです。

梅雨の無い北海道が雨続きの現状です。

雨の降る方も南洋のスコールに似た感じで、

しとしとと降るのでなく、豪雨が現実です。

地球上が大きく変化し、極が動いているのでしょうか

地球の変動には要注意の状況下の感じです。

 

 

[ 2018年9月12日 ]

台風と猛暑に振り回された8月もあとわずか

気象の状況は急に秋が来るようには見えません

北海道でもフグが取れる気象環境の変化に注目

農作物も高温と雨続きには閉口の状態です。

農家さんも手の打ちようがない気象状況下

高齢化も加わり、今後日本の政策が問題です。

重大な事になってきました。

[ 2018年8月28日 ]

昭和20年8月15日の記憶

朝鮮満州開拓団に参加で朝鮮(今の韓国)の日本人学校で

終戦を迎えました。

終戦とは聞こえが良いのですが、実は海外での敗戦です。

戦争で負けると外地では立場が逆転します、

日本へ引き上げる為に必要品を持ち街に集合トラックで移動

貨物列車(屋根のない)で釜山へ、貨物船で玄界灘を乗り越えて

佐世保にて検疫 DDTを真っ白に噴霧される等見事なものです。

8月日出発して母の郷里についたのは10月でした。

戦争は二度としてはならない事を痛切に感じます。

でも人間は、時間がたつと記憶が薄れて目先の利害優先になり

欲の皮が突っ張ってくるみたいですね。

それよりも、地球の緑化を促進する事を優先しましょう。

地球という母なる大地がある事で生きていけるのですから。

 

 

[ 2018年8月16日 ]

 猛暑日続きで世界各地で被害

地球上が猛暑に包まれた状態の中

人間は水分の補給とか冷房に中で過ごせますが

植物は雨が降って土壌が水分を保ち作物にも恩恵

人間による水分補給が出来なければ作物は生育が不可。

大きなダムより 小さな貯水池が便利で役に立つのでは

高齢化時代の農業の在り方が問われているようです。

水分と塩分も補給で健康を維持してください。

 

 

 

[ 2018年8月6日 ]

  地球上に高温度化の影響は

現在のような猛暑日が続くと地球上はどうなるのでしょうか

人間は水分の補給が出来 クーラーの効いた部屋に入る事も出来ますが

植物はこの厳しい暑さの中で、雨も降らず 土壌の乾燥が進むのみです

高温度の日が続きます、山林では自然発火発生も起きる事が危惧されます。

大雨による土石流災害と 山林火災が心配になります。

大雨でなく 普通の夕立程度の雨が時どき降る事を期待するのみです。

 

[ 2018年7月23日 ]

 予想外の暑さに植物も大変

人間は暑さに対応して水分の補給もできますが

植物の中で作物も 固定した場所から移動できません

雨が降らない日が続くと、人間が水分の補給をしなければ

作物は日干しになってしまいます。

作物の隙間に 枯れ草などを敷くことも暑さ対策の処置に

とにかく夕暮れ時に 水をやるなどの暑さ対策が必要です。

人間同様に水分の補給が急がれる暑さ対策です。

[ 2018年7月17日 ]

  気象庁では3連休中に35度の猛暑日があるとの予報です

外出を控え 水分の補給が疲労抑制に欠かせない大切な事となります。

その水分補給に 超☆宝水を入れて飲用しますと

  植物のエネルギーが細胞に素早く浸透

  細胞の活性化で身体の元気回復につながります。

  浸透性良好な事は大学での電気伝導度測定で実験済です。

  超☆宝水を飲用して猛暑日を乗り切りましょう

[ 2018年7月13日 ]

 大雨による被災地の方々にお見舞い申し上げます。

梅雨前線が停滞の為に大雨が降り続き被害が広がっています。

平地の少ない国土の中での生活で、被災者の方々の困難な

お気持ちを察し上げます。

もう少しの辛抱が大変ですが 頑張ってください。

梅雨前線が早く消える事をひたすらお祈り申し上げます。

[ 2018年7月8日 ]

 梅雨のない北海道が?

本州が梅雨でも北海道は雨のない快適な気候でしたが

今年の北海道は雨続きで 観光客さんもびっくりの様です。

台風の経路も沖縄から九州西部海上と韓国南部の間を通過

日本海に抜けて東北、北海道南部を通過する経路でした。

世界の気象が大きく変化して予想がつかない展開にある様です。

作物にも影響が出てこないか、今後の気象お状況が心配です。

地震と天候の変化が生活に影響を及ぼさない事を望むところです。

[ 2018年7月5日 ]

 

梅雨入りの季節

陰暦に基づく播種及び定植に適した期間

地上に実のなる作物の播種及び苗の定植日

 

  6月14日 ~ 6月28日

  7月13日 ~ 7月28日

  8月11日 ~ 8月26日

  9月10日 ~ 9月25日

 

上記の期間内に合うようⅡ作業日程を調整されますと

作物は丈夫に育ち、害虫の被害軽減にもつながります。

 

地中にできる作物の播種及び苗の定植適した期間

 

  5月29日 ~ 6月15日

   6月28日 ~ 7月14日

  7月28日 ~ 8月13日

  8月26日 ~ 9月11日

上記の期間内に作付けされますと作物は丈夫に成長します。

作業日程を調整した作業計画を立てられる事をお勧めします。

 

[ 2018年6月2日 ]

  5月も下旬に入りました

季節外れの暑さが各地でみられますが

梅雨も本格的であれば雨量もあり水源地も安泰

空梅雨の場合は、水源地の水ガメが心配になります。

暑さで野菜の生産にも影響が出そうですから

色々なところで生活と企業に水の影響が心配になります。

家族の健康にも十分な配慮が望まれる気象環境です。

 

[ 2018年5月22日 ]

30度を超える日が多くなった日本列島

梅雨の名jはずの北海道は雨続きの状態

地球上に大きな変化が訪れている様に感じます。

緑葉植物が光合成を行う事で酸素を輩出するのですが

人間による砂漠化の進行が大きな原因の一つ

利益第一主義の社会、環境の在り方が問題です。

地球環境の未来を考えて、緑葉樹木の繁茂促進作業

地球上に緑葉植物が増加する事で気象の安定化が促進され

高気温、台風、風水害などの抑制につながる事を期待します。

 

[ 2018年5月9日 ]

 

 真夏日の温度になったり、3月の気温に逆戻りしたりでは

人間の身体だけでなく、植物も適応力が大変だと感じます。

この気象状況が継続すると どうなるのでしょうか

地球上の環境が大きく変わり、同じ緯度でも温度の違いが

大きくなる環境下にあります。

異常な気象状況下でも体の健康が何より大事です。

深呼吸を何回も実行しますと、新鮮な酸素が脳に行き届きます

大事な脳の働きが正常ですと身体の健康、病気に罹りにくい身体

健康体の維持に繋がります。

深呼吸は無料の健康法です。ご活用ください。

 

[ 2018年5月9日 ]

   5月に入り新緑が生い茂る状況で、ひと月早い感じがします。

地球上の高温化がもたらす影響ですが、この先どの様な展開になるのか

今のような気温環境で進行すると夏には40度の日も想定しなくては?

32℃暑さが厳しいと思っていましたが・・・

35度を超えて40度の日が続くとどうなるのでしょうか

余計な心配と思いがちですが、現実的な事が起きかねない環境です。

健康に気配りして健康体を維持してください。     感 謝

[ 2018年5月2日 ]

作物の生育は陰暦の影響が大

地上に実のなる作物の播種及び定植部

4月16日  ~  4月30日

5月15日  ~  5月29日

6月14日  ~  6月28日

上記に期間内に実行される事で

作物は健康に生育すると言われています。

 

地中の出来る作物の播種及び定植日

3月31日  ~  4月16日迄

4月30日  ~  5月16日まで

5月29日  ~  6月15日迄

上記の期間内に実行されますと

作物は自然の作用で健康に成句すると

古来よりの金言であります。

ご活用ください。

[ 2018年4月5日 ]

 新年度に入る4月

ピカピカの一年生の姿が見られる新鮮な季節です。

気温の変動が大きく、春を通り越して夏の気温に上昇の時も

温度の変化に身体がついて行けない最近の地球ですが

作物も温度の変化に戸惑うことで健康な生育が懸念されます。

日々の生活で風邪を引かない様 うがいもこまめにしましょう。

[ 2018年3月27日 ]

寒さと暖かい日の交差する季節

風邪をひき易い時期でもあります。

風邪ぐらいと軽く思わないでください。。

風邪は万病のもと と古代よりの伝えも

風邪が元で大病にかかる事例もありますので

充分にご注意ください。

健康体での活躍には 植物酵素が一番です

「超☆宝水」をお試しください。

[ 2018年3月7日 ]

  間もなく春本番です

作物の元気な生育には土壌の元気が一番

播種、苗の定植前の圃場土づくりが先決です。

有機質肥料を投入し「惣作酵素」の5千倍希釈水を散布

微生物が繁殖する事で団粒化が進みます。

透水性、通気性が向上しますから根が張りやすくなりますから

発芽した双葉は、肉厚で大きく開き健康な生育に繋がります。

双葉の時点でその作物の生涯が決まるともいわれています。

春先の圃場に力を注ぎましょう。

 

[ 2018年2月26日 ]

大きく吸い込んだ酸素を肺に送る深呼吸法です。

普通の深呼吸では肺には酸素が少しの量しか届きません。

大きく吸い込み、息を止めて肛門をしめ、下腹に力を入れる

事数秒間、酸素が肺にに早く届きます。

肺に入った酸素が脳にも多く送り込まれて活性化の作用

この動作を数回繰り返す事が有効と述べておられます。

この深呼吸法は、お金もかからず自由に好きな時にできます

そして誰でも年齢に関係なく1日に何回でもできる事です。

脳に新しい酸素が届くことで、脳の新陳代謝が進む事が

体の健康正常化に繋がる と強調されておられます。

直ぐに実行でき 塩谷式 無料の健康回復法です。

実行で身体が若返る事につながります。

[ 2018年2月22日 ]

酵素一筋、財界「特別企画」環境特集
酵素一筋
酵素にこだわり続けて80年
酵素は細胞の活性化を促し、人間に必要不可欠な消化酵素を補給します。
作物活性液NP7
植物100%で製造の植物酵素は、リン酸の吸収を進め健康作物栽培の生育促進に作用します。
作物活性液NP7の詳細
環境に安全なNPパウダー
圃場に鋤き込む事で害虫忌避成分が6ヶ月作用。
NPパウダー使用で、酵素の作用は地中と地上の立体的害虫忌避環境作りが可能となります。
環境に安全なNPパウダー詳細
酵素の活用法


Top